重曹(bicarbonate de soude)の活用法 日常使いするコツ

bicarbonate de soude重曹の入れ物 フランスでシンプルライフ

重曹掃除のメリット、そして重曹をうまく活用する為のポイント

重曹を買ってみたものの、上手く使いこなせない方に、普段使いするまでの私なりに考えたコツをご紹介したいと思います。

安心安全な上、環境にも優しい、そして本当に汚れが綺麗に落ちる。重曹って良い事づくし!少しでも合成洗剤(有機物)が減り、地球に優しく生きる事を目指しています。

自然界では有機物は微生物によってどんどん分解されて最後に無機物になります。これを「生分解」といいますが、無機物になるまで微生物がどれだけ仕事をしなければならないかかかる時間も含めて環境の負担をはかる指標にもなっています。

では重曹はどうかというと、両方とももともと自然界に存在する無機物で、そのまま排水したとしてもそれほど問題はありません。つまり環境に対する負担が少ない=地球にやさしいといという事です。

引用元 木曽路物産株式会社HP

重曹を使うメリット、①家が綺麗になるのは勿論の事、②環境にも優しい事をしているという自己肯定感が高くなる。そして③汚れの性質を理解するようになり掃除が楽しくなる。

重曹を日常使いするコツ「使いやすい状態を極める」

それはズバリ「自分が使い勝手の良い場所に、使いやすい形態で置く事

まずは場所について、これは一番自分がよく使うシチュエーションを思い浮かべて、そこからすぐに手の届く場所に置きます。私の場合はシンクのスポンジや洗剤の隣。

そして使いやすい形態とは、その時に使いやすい、自分好みの容器、そして手入れが楽な事もポイント。私の場合は「塩コショウ入れのような穴の開いた大き目の瓶」ずっとこういうの探していたんですよね。

以前はスパイスやジャムの空き瓶を利用していたのですが、スパイスの空き瓶だと容器が小さすぎて詰め替えの頻度が高くなり面倒。ジャムの場合は蓋を開けるというひと手間があるだけで使用頻度がグッと下がります。

いざ、使おうと思った時に食器洗い中の泡のついた手袋で蓋を開けるのが気が引ける。こういう小さいストレスで案外習慣なんて変わるものです。

そこで私のこだわりは「ある程度の大きさのガラス素材」

塩コショウ用の無数の穴が適度に使いやすい。蓋が無いのでワンアクションで片手で使える。そして耐久性。出来る限りプラスチックを減らしていきたいので、手入れすれば一生清潔に使えるガラス瓶。

この小さな工夫を施す事で、重曹掃除がグッと身近なものになります。

そしてお気に入りの容器にする事で毎日手に取ってもワクワクする気持ちを育てる

たったこれだけで掃除が楽しくなり、毎日夜にキッチン周りをピカピカにしたくなるから不思議です。

次回はこのコツをもとに、私が毎日使用する簡単な活用法をお伝えしたいと思います。