フランスの乾燥対策 38歳秋の夜のスキンケア

フランスの乾燥対策コスメ フランスのスキンケア

フランスの乾燥に合わせた秋の夜のスキンケア

スキンケアで気をつけていること。それはずばり①確実にメイクを落とす ②保湿の徹底 この2つのみです。

私はメイクと言っても普段はファンデーションは塗らずに、アイメイク(眉毛・アイライン・アイカラー3分ほどで終了)で過ごしていますが、たま~~にパリへ友人とランチに出かける時などは、ここぞとばかりに化粧を楽しみます。なんだか普段化粧をしていないと、段々と老け込んでいくというか、まあ、これが本来の自分の顔なんでしょけれど、日本に帰った時に、日本の友人達のキラキラ具合にビックリします。

なので、フランスでも日本の友人と会う時などは張り切ってメイクを楽しみます。それでも、ファンデーションは使っておらず、下地とお粉で少し油分のコントロールをするぐらいです。

夜のスキンケアの手順と使っている商品の紹介

フランスのメイク落とし

先ずは私が一番スキンケアで気を付けている事、こだわりが大きいのは化粧落としです。

お化粧等の化学汚れはしっかりと落としつつ、皮脂は落とし過ぎずというのがモットーで、きっと人間は人類で進化していく過程で、皮膚はそのままの状態で健康を維持出来るように、一番外側の臓器としてベストな状態になったはず。(←持論)

なので、メイク落としは基本的にバッチリメイクをした日と軽めの日で使い分けています。本当は肌に優しいメイク落としを使いたいけれど、それよりもしっかりと落とすことの方が優先順位が高いと判断。バッチリ化粧の日は洗浄力の高い拭き取り化粧水を使っています。

まず、写真左のJONZACというビオのブランドの「eau micellaire apaisante

これは化粧をした日、マスカラをした日に使用しています。これは、ビオデルマのmicellaire lotionと同じぐらい落ちるけれども、ビオデルマより強すぎない使い心地が好みです。肌が敏感になっている時も全くピリピリしない。それなのに、しっかり汚れが落ちる。ウォータープルーフのマスカラもちゃんと落ちます。

このブランドのmicellar waterはもう6,7本はリピートしているもので、私の肌にはベスト。優しい上に成分も安心。分析アプリYUKAでの結果も100点中100点。なんということでしょう。ベストです。拭き取りタイプの中で、1、2番を争うぐらいお気に入りのブランドです。

右手SANOFLOREのAciana notanica 「Lait démaquillant douceur peau nue divine」

これも、敏感肌用で、クレンジングミルクという事でかなり優し目の使い心地です。メイクをせずに、眉毛、アイラインを描いた日等の普段使いで使っています。拭き取りタイプのミセラーローションよりも洗浄力は弱いので、マスカラとかは落ちにくいです。ウォータープルーフのマスカラだと落ちません。

でも、やはり肌に負担をかけないように。余分なものはいらないかなと。

フランスのスキンケア商品美容液とクリーム

メイクを落とした後は、フローラルウォーターで肌を整えて、画像右のA-dermaのEXOMEGAのBAUMEを使っています。このEXOMEGAのBAUMEは長男の肌荒れの際に、ドクターがよく処方してくれるクリームで、赤ちゃんから使えるけど、かなりしっとりする乾燥肌~アトピー体質の方向けの全身用クリーム。

長男用に使っていたのですが、他のどのクリームよりも、濃厚なのに敏感肌にも優しい。顔にももちろん使えます。そして400mlで薬局で19€ぐらい。という事は100mlで5€もしない。安い。なのに効果的。クリームをケチらずに使う事が出来る。という事で、私はもうかれこれ3年ほどこの商品を使っています。

このEXOMEGAシリーズはクリームもあるのですが、やはりBAUMEの方が濃厚でかなりしっとり。なので私は必ずBAUMEの方を購入しています。因みに、これも分析アプリYUKAの結果も100点中93点。

あとは、たまに乾燥が気になる時にだけ使っているのが、画像中央のCATTIERの「Huile sérum redensifiante」

これはシワなんかに効くと書いてありますが、もうね、このオイルは香りも豊かだし、使った後のしっとり満足感がたまりません。①フローラルウォーターの後、この②セラム、その後に③A-dermaのEXOMEGAという流れで使っています。

昔は化粧品にお金をかけていたし、高い化粧品の方が効果的かななんて考えた頃もありましたが、最近は成分に余分なものが入っていなければその方がベストだなと考えています。余分な香料も必要ない。

こういうビオのスキンケア用品を長年使って、様々なブランドの成分を確認すると、この成分内容ならば大体この金額の商品になるんだと、平均額がなんとなく見えてきました。じゃあ、有名な化粧ブランドのあの金額は、パッケージ、宣伝費、最新の美容成分の為の研究費とか、そういう事なのかと推測してしまいます。

肌ってそんなに色々必要なのか?排出の臓器なのに??なんて考えてしまいます。

きっと体に良いものを食べていたら勝手にターンオーバーしてくれるはず。ターンオーバーを助ける為に自分が出来る事をする。スキンケア商品は、汚れをきちんと落とす。後は保湿。そう勝手に確信しています。笑

neego
体の中の調子を整える事の方が絶対大事なんだと信じたい。大腸のケアの方が大事だと思う。

朝のスキンケアの記事はこちら→ フランスの乾燥対策 38歳秋の朝のスキンケア