フランスで白髪染め②ヘナカラーの失敗談とうまく染めるポイント

フランスで白髪染め

オーガニックのヘナを使ったセルフカラーの方法

白髪染めについてネットで色々調べたり、近所のママ友に聞いていると、やはり気になるのはヘナのヘアカラー

ヘナカラーに興味を持ったキッカケは、日本の旦那の親戚のおば様。黒髪が艶々としていて、なんとなく若い人なんだろうな~という印象でした。ところがごっこい、数年後に年齢が発覚すると、私の想像の15歳以上年上だったのです。

若く見えたポイントは一体なんだろうと考えていると、まさに艶々のハリのある黒髪だったのです。ハリのある髪の毛って、それだけで若く見えるんですよね。私が驚いていたら、ヘナで白髪を染めているよ~、ヘナが頭皮の環境を良くするんだよと言っていました。

それから5年弱、私にも白髪を気にする時期がやってきて、気になっていたヘナ染めを試している最中です。

最初に利用したのはスーパーで購入できるGARNIERの COLOR HERBALIA。※過去の記事はこちら→フランスで白髪染め①GARNIERこれもヘナのヘアカラーでした。しかし、インド人の友人から聞くと、やはりオーガニックが良いらしい。

インド人は若い時からヘナを使って髪のお手入れをしているらしい。カラー以外にも髪にハリが出るからと、美髪の秘訣として日常的に使用している。という訳で探し当てたのがこの商品。

オーガニックのKhadi Hennaのヘアカラーとは?

ネットで色々検索していたら見つけたのがこれ、Khadiのヘナカラー。100%オーガニックの本当に安心ヘナのヘアカラー。私の行きつけのBIOショップ、NATURALIAで購入しました。

普通のヘナだと赤みが強かったり、もしくはインディゴが強くて真っ黒になったりとカラーのバランスが難しいんですよね。ですが、このKHADIのヘナカラーは自然な栗色のカラーも可能なんです。

「Khadi カーディって?」

・ドイツに本拠地を置くカーディナチュラルプロダクト社世界基準最高のオーガニック認定された安心安全なヘアカラーです。日本からは「メーカー」「ディーラー」「出版社」「美容師」の専任チームが発足され、現地へ定期的に訪問することにより日本にやってきました。

・製品の透明性、持続性を重視。2008年からBDIHコントロールドナチュラル・コスメティックの認定を取得しています

・Khadiは最古の医学『アーユルヴェーダ』の哲学とつながり医学的に商品のプロセスを作り上げた製法と製造を開発し医学とデザインをハーブを通じて効能と可能性を定義しています。

atelier [es]×[jill] のオフィシャルブログから引用

Khadi ヘナカラーを試してみた結果

今回私が試したのは、NOIR(黒)と、MARRON FONCE(栗色?)の2色。

初めはNOIR(黒)を試してみました。

箱の中にはヘナの粉以外に、使い捨て手袋、ヘアーキャップ、説明書が入っていました。

ヘナカラーの手順
  1. ヘナの塗布前にシャンプーをしておきます。毛穴の汚れがあると染まりにくいようです。※コンディショナーやヘアマスクは使いません。髪が濡れた状態で塗布します。
  2. ヘナを50℃のお湯で溶くのですが、塗りやすいヨーグルトぐらいの硬さまで少しずつ少しずつ混ぜ合わせます。
  3. 塗布後はヘアキャップをかぶり30分~2時間置きます。
  4. その後、水で洗い流し終了。24時間~72時間おいた後にシャンプーをします。→ヘナはすぐ染まるが、黒味のあるインディゴは水洗後空気酸化により徐々に発色します。長く置いた方がよりインディゴの黒味が入るというわけです。
結果、ちゃんと黒に染まります。真っ黒ではないのですが、白髪特融の太陽などの光が当たると目立つあのキラっと感がなくなります。自分で鏡で見ると白髪だった部分はわかりますが、他人からは気づかれないぐらいまで染まります。

neego
私的には黒過ぎず、自然な感じで大満足♡♡

栗色の方も本当に自然な栗色で良い感じ♪

ヘナカラーの良い点
  1. 植物由来なので、肌にやさしい。→カラー剤を塗布する際に地肌まで思いっきり塗布出来る
  2. 地肌に良いので、染める度に髪が丈夫になる
  3. 染める度にカラーが濃くなる
  4. 髪の毛のタンパク質と結合して染まるので、髪の色素を抜かない(ブリーチしない)ので髪が傷まない
  5. 髪にハリが出てくる。
ヘナカラーのマイナス点
  1. 独特の藁のような香りがする。(私の旦那曰く、カブトムシの幼虫を育てる土の匂いだとか)
  2. 染めた後にすぐにシャンプーが出来ない。(水洗のみなので、ヘナの香りがする)
  3. 染めるのに時間がかかる。黒髪にしっかり染めたいならば、最低1時間はかかる。
  4. 染めた後1週間は髪を水で濡らす度にヘナの香りがする。
  5. 水洗の際に気を付けないと爪が青く染まる
neegoの失敗談

  • ヘナカラーは塗布後30分~120分おいて下さい。と説明書にあったが、1時間未満だと染まりが悪い。というか、うまく染まらない。白髪特融の白光りがなくなるぐらい。
  • ヘナカラーを水洗する際に、手袋をせずに素手で流したら爪が青く染まった。→2日間ぐらい青かった。
  • ヘナカラーは温度で仕上がりの色味が変わってくる。ヘナを溶く水が低温だと若干緑というか、アッシュ系に染まる。
  • ヘナの水洗後、顔(頭だけ流した場合)にインディゴの青い染料が残っていた。

これらの失敗を数回繰り返し、たどり着いたうまく染めるポイント

neego
  • ヘナカラーを塗布する前のシャンプーは出来る限りナチュラルでシリコンの入っていないものを使う。
  • 塗布した後のおく時間は30分~と書いてありますが、私の経験上最低1時間は置いた方がよく染まる(私は2時間おいています。)
  • ヘナカラーを水洗する際も手袋は必須
  • ヘナカラー水洗後は顔や体(特に首筋)もうっすらインディゴになっているので、水洗後、顔や体も丁寧に洗う事をおススメします。
  • ヘナカラーそしたその日から24時間はシャンプーをしないので、お出かけ等色々なタイミングを逆算して実行する。
マダム羊
2時間かかるなんて、長すぎじゃな~い?しかもヘナの匂い臭そうだし・・・

私的にはオーガニックのヘナの香りは落ち着くしそんなに気にならない。しかも、2時間なんて家事していたら簡単に過ぎていく。

私のやり方は、夕飯を作る前にシャンプーし、ヘナを塗布(シャンプーから塗布まで約30分)。シャワーキャップを被ったまま夕飯を作り、子どもにご飯をあげ、寝かしつけ、自分のシャワータイムには2時間あっという間に過ぎています。

水洗中もなんだかヘナでゴワゴワしますが、しっかりと洗った後、髪を乾かすとあら不思議、髪にハリが出て非常に良い感じなんです。本当にコンディショナーなんて必要ありません

今のところヘナのヘアカラー大満足です♡ ちなみに、最近はこのブラウンを使っています♡

こちらもおススメ→フランスで白髪染め③PHYTO HAIR COLOR