スキンケアは日本風?それともフランス風?

ビオデルマの化粧落としとembryolisse.のクリーム フランスのスキンケア

フランスで美を目指したい時に困るのが、女性の敵「乾燥」

スキンケア商品難民で、ネットで調べては試し、友人に聞いては試しで最初の頃はとても大変でした。

フランス在住歴9年(2019年時点)の38歳neego(ニーゴ)が今まで散々色々なブランドを試した結果、より使いやすい優秀な保湿クリームをご紹介します。

スキンケアは日本風?それともフランス風?

まず、フランスに移住して最初の頃、天地がひっくり返るんじゃないか!ってぐらいの脱皮?というのか、肌質の変化を体験しました。

日本に居た頃のスキンケアといえば、

①メイク落とし(ジェルタイプ)→②洗顔フォームでの洗顔→③化粧水→④乳液の4工程(その頃の私は20代でまだ美容液も使用せずにどうにかなっていた)

なので、フランスに移住した際も、日本からスキンケア用品を持参して、無くなり次第現地で購入すれば良いや。なんて軽く考えていました。

neego
今まで大きな肌トラブルも無いし、化粧品変えるぐらい簡単♪フランスの方が素敵な良いブランドがありそう♪

 

ところがどっこい、いざ探してみるとまず、フランス語表記で挫折。お店の中で辞書を開く事も出来ず(小心者)、あらゆるスーパーや、Pharmacie(薬局)、Parapharmacies を巡り巡って保湿化粧水を探すも見つからず。

これぞ有名な「フランスには保湿化粧水が無いの壁

※その数年後に保湿化粧水の存在を知る。多くはないのですが、有るのですね。※フランスの化粧水のおススメ→こちら

日本から送ってもらったり、一時帰国の際に買い込んできたりと奮闘しましたが、そうしている間に、移住から8ヶ月目辺りで、今まで感じた事の無いような肌の変化が訪れました。

常にツッパっているような感覚と、口周りから顎下にかけての異常なカサつき。1番酷い時はワニの皮のような厚みのあるゴワゴワになり、慌てて普段はしないゴマージュをすると、今度はヒリヒリする。

きっと肌が環境に合わせてきたのでしょう。私は日本の南側出身。高温多湿から、乾燥の世界へ来て順応期間なんでしょうね。

そこで思い切ってスキンケアを慣れ親しんだ日本流からフランス流へ変えてみました

  1. 拭き取りメイク落とし化粧水タイプをコットンに浸してメイクを落とす
  2. そのまま保湿クリームをたっぷり塗る→これは様々なブランドを試しましたが、春夏用にEmbryolissLait-crème concentréを最近は使っています。

以上!!そしたら合うんです。私にはバッチリ合うんです。

洗顔をしていた時のツッパリが無くなり、急いでクリームを塗りたい!のアノ欲が無くなってきたのです。朝も洗顔料を使わずに水で洗い流すのみ。

そうしている間に、もはやクリームを塗らなくても勝手に自分の油脂で潤ってくれる状態になってきました。

何という事でしょう。

日本に居た若い時にあんなにお金を掛けていた基礎化粧品。

今や拭き取りメイク落としと保湿のクリームのみ。それで、若かったあの頃よりも肌の調子が良い。

嗚呼、皮膚って臓器だもんな。

高須クリニックの高須院長が言っていた。皮膚は排出の場所だから、基本肛門と同じケアで良いと。

なるほど。

フランスで私がおススメのスキンケア商品

私は友人からスキンケアの方法を聞いたり、YOUTUBEでフランスの方のスキンケア方法を色々見たりして、それを試してみたりしている途中でもあります。

この写真のEmbryolissLait-crème concentréは、concentréと書いてあるけれど、私にとってはかなり軽く感じるので、春夏用に使っています。秋に入るともはやこれでは物足りなくなる感じがします。日本だと良いのかな~。

これは3本目で、保湿感で物足りなさを感じる事もありますが、ピリピリとした刺激が皆無です。

このマークの拭き取り化粧水も良かったです。BIODERMAよりも刺激が少ない印象です。BIODERMAは最近Pharmacieで安売りをしていたので買っちゃいました。BIODERMAは少し刺激を感じる時もあります。最近は肌の調子が良いのでこれを使いますが、日焼け後なんかは違うマークにしています。

フランスの乾燥対策の記事はこちら→38歳秋の朝のスキンケア