フランスの乾燥と戦う為のスキンケア 皮膚は臓器 ベストな化粧水は?

Melvitaフローラルウォーター フランスのスキンケア

38歳日本人の肌でフランスの乾燥と戦うスキンケアの方法

フランスに来て当初はスキンケアはずっと日本スタイルを保っていていました。毎日化粧をしていたので、①化粧落とし→②泡洗顔→③保湿化粧水→④保湿ミルクという日本流のスキンケアをしていました。

そして、やはり「フランス洗顔&保湿化粧水が無い問題」にぶつかり試行錯誤したものです。

当初は日本の「洗顔・保湿化粧水」を使っていました。日本から持参したものが無くなると、次は無印の保湿化粧水を利用しながらスキンケアを模索したものです。

色々なブランドを試しました。最初の頃見つけたのがBIODERMA のHydrabio

これはいわゆる「保湿化粧水」でけっこうしっとりします。香りも強すぎず良い感じで、旦那はこれを長年愛用しています。

その後はCAUDALIE(コーダリー)のEAU DE BEAUTE

これはかなり良い香りで非常にしっとりする化粧水美容液。この香りで癒されます。私にとって少しお値段がお高めな感じで、試し使いといった感じでしたが、香りで気分が上がりました。この商品に惹かれて、CAUDALIEの泡洗顔、オイルも使いました。とにかくブドウの香りに癒されます。

こういう保湿化粧水を使いつつ、最初は良かった肌の調子も、出産を機にスキンケアを怠っていたのが問題なのか、ある時期からカサつきが酷くなってきました。

日本人の肌でもフランスで泡洗顔は必要なのか?

色々困っている時にフランス人の友人達に言われたのは

フランスの友
フランスの硬水で顔を洗ったら駄目だよ!肌の質が悪くなるよ!
neego
まあな~でもフランス人の肌と日本人の肌って違うしな~参考にして良いのやら

薬局で聞いても、「洗顔はする必要が無い。洗顔はニキビの少女達だけよ。」と。その頃、フランスで知り合う日本人は泡洗顔をしている人が多数でした。

美肌の韓国の友人は、お風呂に入る時もなるべく顔に水がかからないようにしていると言っていました。どうやってお風呂に入るんだか。かなりの強者です。でも、同じアジアの肌質だし・・・。とお風呂のシャワーヘッドを替え軟水にしつつ、試行錯誤していました。

しか~~~し、友人達に勧められて泡洗顔を辞めてからは、あのツッパリ感が無くなり、「急いで化粧水を塗らなきゃ!」っていうあの瞬間が無くなってきました。泡洗顔をしなくなった替わりに

①拭き取りメイク落としでコットンで拭き取る→②濃厚なクリーム  となりました。

どうやら出産で自分のスキンケアに手をかける時間が無くなり、意識していない日々を送っている内に、洗顔しないでクリームだけで普通に肌の調子が良いという状態になっていました。

まあ、これも毎日化粧(ファンデーション)をしなくなった。のが一つの要因な気もしますが。

なんだか良い循環になっている気がしました。

  1. 肌にファンデーションを塗らない →肌に負担が無い
  2. 拭き取りタイプのメイク落とし →これにも若干の保湿効果有り
  3. 洗顔しない →泡で落とさないから適度な油分がある

スキンケアはシンプルに 何故なら皮膚は臓器だから

歳を重ねてきて、だんだんとシンプルに生きる事が楽しくなってきた今日この頃は、スキンケアの仕方も少しずつ変わってきました。以前高須クリニックの高須氏が「皮膚は臓器で排出器官、肛門と同じケアで良い」と言っているのを目にしました。目からウロコです。でもその一言から影響を受け、私のスキンケアに対する考えが変化してきました。まずはおさらい、

皮膚の働きは、①保護する役割、②体温調節をする役目、③中枢神経に外の環境変化を伝える役目

このような機能を発揮しやすくできるようなケアが大事だなと思うようになってきました。

最近スキンケアで気を付けていることはこの3つです。

  1. 食事に気を付けて大腸の調子を整える (スキンケアに入るのか?笑)
  2. 皮膚のバリア機能を壊さない用に保湿に徹する
  3. 肌に悪いものをつけないようにする。

以上に気を使い、最近私が好きな化粧水はこのフローラルウォーター

私はMelvita Eau florale de RoseLAINO EAU DE ROSEの両方を使っています。香りは自然のローズの香りで、気持ち良い!作られたローズの香りに慣れていると物足りなく感じると思います。そしてテクスチャーは水のよう。でも、気持ちしっとりする感じです。LAINOは安いけど、いい感じ♡

このようなオーガニック(bio)の化粧水を使っています。オーガニック成分99%、ダマスクローズの花から採れたフラワーウォーターを使ったミスト。

成分もシンプル→ダマスクローズ花ウォーター*、水、ε-ポリリジン、シトロネロール*、オイゲノール*、ベンジルアルコール*、リナロール*

最初はSANOFLOREのオレンジブロッサムを使用していました。オレンジブロッサムの方がローズよりもしっとり感が強く、SANOFLOREのスプレーボトルの方が細かいミストになっていて優しいです。

もうね、何と言っても香りが自然でリラックス出来ます。これを使うようになってから、他の化粧品の香りがキツ過ぎて避けるようになってきました。

私はこれを洗顔の後、寝ぐせ直し、乾燥が気になり、手にクリームをつける前などに利用しています。後は寝る前に頭の上からシュッと全身かかるように浴びるとぐっすり眠れるので気に入っています。あと、お化粧の上からも使えます。

あ、ローズウォーターが気に入りすぎてにラベンダーも買いました。

ラベンダーの香りが本物です。最初は草の香りに近いので驚きましたが、私はこういう自然な匂いが好きなので問題なし。これは保湿というよりは肌を整える感じですかね。ただ、香りがリラックス出来るので、パソコンして疲れた時、子ども相手にイライラした時、子ども達が寝る前に部屋に振りまいています。

う~ん、色々使ってみて、やはり次回はまたSANOFLOREのオレンジブロッサムもいいかな。保湿効果も高めで良い感じなので、ローズとの両方使いもいいかもしれないと思っています。