フランスのスキンケア 38歳冬の夜のお手入れ方法

オーガニックのスキンケア商品 フランスで健康美を目指す

冬ってその日一年の肌の状態が一気に現れませんか?ガッサガサになったり、ゴワゴワになったりで普通のお手入れだけでは取り返せない事が、私は多々ありました。

乾燥大国フランスの冬でも太刀打ち出来る保湿力の高いクリームを見つけたい!

肌にトラブルが起こる前に早めに対処する事で、常に肌の調子が良い状態が続きます。

目鼻立ちで綺麗を判断するのは20代まで。30代以降はもはや肌と髪の状態で綺麗を計られます。

顔立ちが整っていなくても、肌が綺麗なだけで、若く見えるし、綺麗な雰囲気になりますよね。

そこで手入れの届いた艶やかな髪があれば完璧です。

35歳を過ぎたら、細部をいかに極めるかで見え方が劇的に変わってくることを実感しています。

今まで使ってきた保湿クリーム

フランスの保湿クリーム

フランスに移住して早10年。今まで様々な保湿クリームを使ってきました。

最初の1,2年は、ランコムやクリニークなどのいわゆるデパコスを使っていました。高いものは質が良いんだと、テクスチャーも香りも上がるな~なんて当時の私は考えていました。

その後、子どもが生まれ、子どもが触っても安心な、薬局コスメ、例えばビオデルマ、コーダリー、ラロッシュポゼ、アヴェンヌを積極的に使っていた第二期

その後、より安心安全で信頼出来る原料を使うオーガニック(BIO)に熱中した第三期がありました。

どちらも一長一短ですが、現在38歳になった私が選ぶ基準にしている化粧品は「原材料に悪いものが入っていないもの」そして「自分に合っているもの」の2つです。

一時期は成分を調べまくった時期もありましたが、こんなもの、素人が手出しできる範囲ではない事を悟りました。

成分だけ見て選んだ所で、それが自分に合うとは限らない事は経験上知りました。成分内容が良くても、品質が安定せずに皮膚に刺激になるという経験もしてきました。

なので今は、必ず避けた方が良い成分だけ避け、後は値段と自分の使い心地で良い案配のものを選ぶようにしています。

因みに、私が成分を勉強した際によく見ていたサイトはかずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

この人は科学者という事で、成分分析の視点です。数年前はこの人のお薦めするPOLAやNOVのスキンケア商品を日本滞在時に使っていました。

自分の肌に合う、その時の状態に合わせた化粧品でお手入れをするというシンプルな事を実践しています。

スポンサードサーチ

冬のスキンケアと使っている商品の紹介

オーガニックのスキンケア商品

先ずは、冬の普段のお手入れの流れとしては、

  1. BIODERMAのクレンジング水で汚れをしっかり落とす
  2. フローラルウォーターで肌を整える
  3. 保湿力の高いクリームで保湿し蓋をする

この3点。クレンジングも色々試してきましたが、今は値段と、成分の安全性、使いやすさ、落ちやすさなどでバランスの取れているビオデルマ クレアリヌ (サンシビオ) H2O (乾燥肌)を使っています。

どんなに優しい成分でも落ちにくいと 皮膚の上でゴシゴシしてしまったり、クレンジングに時間をかけ過ぎてしまったりで、余計に肌にダメージを与えてしまいます

クレンジング剤を肌に乗せる時間は20秒ぐらいがベストだと言われています。

後は汚れをちゃんと落とさない事が一番クレンジングであってはならない事。目の下が黒ずんだり、もはや悪い事しかありません。

クレンジングは当たり前だけど、しっかり落ちる事が最優先で、自分に合ったものを選ぶこと。これに尽きます。

その後、Melvita Spray Eau Florale de Rose Ancienne bio 200 mlMelvitaフラワーブーケ ローズ EXトナー)で肌を整えます。

そして保湿力の高いAMANDE crème confort absoluWeledaアーモンド フェイシャルクリームで保湿を徹底する。

weledaのクリームの原料 分析結果

私はフランスの数あるブランドの中で、Weledaだけは絶対的な信頼があります。weledaの商品で悪いものは無い!と私は言い切っています。

薬局の人に聞いてみて下さい。BIOの製品で「この商品とこの商品で迷っている」とか、「成分が優しくて効果のあるものを選びたい」等と相談してみて下さい。 ほとんどがweledaの商品をおススメしてもらえます。

スキンケア商品をお探しなら【WELEDA】

 

たまに、どうしても皮膚がカサカサでスペシャルケアが必要だ!という時、私はスペシャルケアとして、アルガンオイルを取り入れています。

メイクを落とし、フローラルウォーターで整えた後に、水分が残っている状態の内にMelvitaのアルガンオイルを馴染ませるように軽くマッサージします。Melvita Huile pour le visage 50 ml

その後、クリームで蓋をする。その際のクリームは、長年愛用しているembryolisse.Lait Crème concentré (アンブリオリス 下地クリーム/モイスチャークリーム 75ml)を使っています。

WELEDAのクリームは1本でもかなり効果があるので、使うのがもったいない(笑

このアンブリオリスは刺激が無いし、使い心地が優しい。そして高くない。困った時のアンブリオリス。

ただ、私はこれ1本では真冬の保湿クリームとしては物足りなさを感じるので、オイルの際に使うか、肌がヒリヒリして敏感な時、春~秋までとしています。

 

最後に、自分の肌の状態を把握する事。コレってとても興味深い事なんですよね。

どんなスキンケアが自分に合うのかをしっかり見極める事。コレに尽きます。このオイル美容も、私には合っていると感じていますが、肌の質や環境によって違うはず。

世の中には高級で品質の良い商品は数多く存在します。でも、必ずしも、高いからと言って品質が良いとは限りません。

私は、お金をかけるならば食材にかけます。旬なものを食べる。出来るだけ防腐剤や科学物質が少ないものを選ぶ。

それで後は自分の手の届きやすい、続けやすい、自分が心地よいスキンケア商品を選ぶ。

自分なりのスキンケア方法が見つかると、なんだか楽しくなってきます。

因みに、このサイトは人気インポートコスメが安い!全品送料無料!
最安値挑戦中/海外コスメ通販【ベルコスメ】
アマゾンなどのサイトと較べてみてください。圧倒的に安いです。