フランスの乾燥対策 38歳秋の朝のスキンケアのリアル

フランスの乾燥対策のオーガニックスキンケア商品 フランスで健康美を目指す

フランスに来て、食べ物を根本的に見直してから、本当に体と肌の調子が良くなってきた今日この頃。

まあ、それでも38歳になったので、今までとは確実に肌の基礎力は下がってきますよね。

今までは夏でも冬でも、日焼けした日でも、同じ化粧品を使い、化粧品を変えても特に変化も無く、吹き出物が出来ても気が付くと治っているという若い肌だったのが、

30代からは吹き出物は色素沈着したままだし(笑)、一時帰国で日本に帰り、またフランスに戻ってきた際には環境の変化に肌が追い付けなくなり、ガッサガサになる。

今まで何とも無かった化粧品が刺激でピリピリ感じたりと、加齢というものを切に実感するようになってきました。

なので最近は、体調をみて、食べ物、スキンケアを変えています。

スキンケアに対する基本的な考え方はこちら→

30代以降の女性

不健康からの脱却「自分の体は過去に自分が食べたもので出来ている」

普段は乾燥敏感肌、でも時間が経つとおでこや鼻がテカっちゃう38歳neego(ニーゴ)の朝のスキンケアとお気に入りの商品を独断と偏見でご紹介したいと思います。

朝のスキンケアの手順と使っている商品

先ずは朝起きて、水洗顔をしています。正確には「ぬるま湯洗顔」かな。

そして、(Melvitaフラワーブーケ ローズ EXトナー)で整え、その日の肌の調子、気温や乾燥具合を感じて美容液をつけたり、つけなかったり。

cattier serum &Melvita serum

美容液を付け始めたのは35歳を過ぎてから。36歳だったけな?それぐらいスキンケアには無頓着でした。

知り合いに「セラム使った方が浸透が良くなるよ」とアドバイスをされ、「セラムって何?」からスタートしましたが(笑)、現在は朝はこの2つのセラム(美容液)を使い分けています。

写真左側はCATTIER の「sérum douceur apaisant

敏感肌用で、肌が赤くなって他の化粧品ではピリピリする中、この商品はいっさい刺激がなく、しっとり♡

これを使ってからカサカサパサパサな状態は解消されるようになってきました。

写真右側はMelvitaの「eau extraordinaire ARGAN lotion-sérum jeunesseMelvita アルガンフェイストナー

この商品は化粧業界に勤めている知人が私の肌を見て勧めてくれた商品でした。

これはlotion-sérum とあるように、テクスチャーは化粧水に近い。日本では化粧水という表記になっています。
なのに、アルガンがつくだけあって、CATTIERよりしっとり感が強め。

なので、肌が敏感になっている際にはCATTIERを、少し乾燥が気になる日はMELVITAを、普通に健康な時には美容液は無しにしています。

そしてメインの保湿はミルクでは事足りなくなってきたので、クリームを使用しています。

左からEmbryolisse.Lait Crème concentré アンブリオリス 下地クリーム/モイスチャークリーム 75ml

これは日本の美容家やプロのメイクさんが使用しているとネットで見て、試し買いをし気に入り、もう4本もリピートしている商品です。

concentréと書いてあるのですが、私にとってはそこまでリッチな感じはしないので、主に春~夏の終わり、秋の始まりぐらいに使っています.

このEmbryolissというメーカーは、1950年に誕生したフランスパリの皮膚科専門病院に勤める医師が作ったデルモコスメティック(皮膚医学に基づくスキンケア)で、フランスの薬局には必ず置いてあります。

そして現在は、皮膚科医や薬剤師からメイクアップアーティストに至るまでプロフェッショナルが認めるスキンケアブランドとなっています。

10月後半になると、もはやこのクリームだけでは物足りない感じがします。

この商品は保湿クリームとしての利用の他にも、メイクのベースに、そしてクリームマスクとしても使える優れもの。

まあ、肌が敏感な時に使えるのが私にとっては大きなポイントなので、常に常備しています。

真ん中はMarilou というオーガニックブランドの「Marilou Bio Crème de Jour à l’Huile d’Arganこれはbioショップで購入したのですが、Meilleur BIO 2019の称号が与えられています。

私はなんせこのマークに弱い・・・。

なので吟味している際にこのマークがあると、思わず買っちゃいます。

お値段が6€しなかったので、試しに購入してみたのですが、まあまあの使い心地で可もなく不可もなくといった所でしょうか。

私の肌的には、もう少し保湿力が欲しいかな。

塗った後に、もう一度クリーム塗りたくなっちゃう感じかな。

 

そしてそして、写真右側、WELEDAの「AMANDE crème confort absoluWeledaアーモンド フェイシャルクリーム

この商品もまた、Meilleur BIO 2019の称号が与えられていています。なので、気になって使ってみたところ、最高過ぎる!

私の中では久々のスマッシュヒット商品!敏感肌用なのですが、もうね、クリームが濃厚なんですよ。

使い心地はDr.Hauschka(ドクターハウシュカ)のDr.Hauschkaローズ デイクリーム
と並ぶ2大巨頭のベスト濃厚クリーム。

今までクリームで物足りなさを感じる事が多く、オイルを使ったりしていたのですが、この商品はこの一本で完結。

成分も10種類しか入っていないのですが、気になるのはアルコールのみ。YUKAの分析アプリでも100点中93点の高得点。

このクリームは濃厚なので、10月中頃から冬真っただ中2月まで、絶対第一線で活躍してくれそうな予感がします。

なんだか気に入りすぎて勿体なくて、朝は本当に乾燥を感じた時だけで、基本夜の保湿として大活躍しています。

これは、私の中でおススメ商品として是非紹介したいものの一つです。

まとめると、普段使いのMarilouのMarilou Bio Crème de Jour à l’Huile d’Argan

肌が敏感になっている時にはEmbryolisse.  アンブリオリス 下地クリーム/モイスチャークリーム 75ml

何がなんでも保湿を求める時にはWELEDAの「AMANDE crème confort absoluWeledaアーモンド フェイシャルクリームとなっています。

因みに、このサイトは人気インポートコスメが安い!全品送料無料!
最安値挑戦中/海外コスメ通販【ベルコスメ】

夜のスキンケアに関してはこちら→→フランスの乾燥対策 秋の夜のスキンケア