コロナウイルスで自宅待機 子どもと一緒に家事をする意義

子どもと一緒に家事をする意義 フランスの社会から考える

コロナウイルスで自宅待機。15日間も!?そうです。この15日間は普段忙殺されて出来ない事を、子どもと一緒に出来る貴重な時間なんですよね。

私の時間の使い方はずばり、「子どもに家事を通して上手く生きる術を伝授する!」事です。思いっきり家事に巻き込みます。

親っていつか居なくなります。親が居なくなった時でも上手く生きるテクニックを普段の生活で伝えておくのがneego(ニーゴ)のやり方です。

家事を一緒にする事で、物事の進め方やオーガナイズ方法、心理と行動の関係など、

母親が培ってきた上手く生きる為のテクニックと、それに向けた心構えってものを実に伝えやすい。

今回のように時間に制限がない時はチャンスで、普段忙しいと子どもと一緒に出来ない事が出来る良い機会と思っています。

子どもに家事をさせる意義

私の子育ての基本は「生きていく術を教える」という事。その方法として、私が大切にしているのは普段の生活で「家事を通して生き様を教える」という事です。

私自身幼い事は、あまり家事のお手伝いなんてやる時間はなく、ピアノや水泳、そろばんに英語などの習い事の日々でした。

そして、大学でも幼児教育を学び、仕事でも子どもの教育に携わり、子どもが生まれたらどういう風に教育していくかという事で頭がパンパンでした。

しかし、フランスに移住し実際に親になってみると、一人の人間としてどこでも生きていく力がどれだけ大切かを思い知らされました。

沢山習い事をさせてもらえた事は有難い事だけど、それと同じぐらい親から学んでおかないといけない大事な事があったなと痛感しました。

ピアノが上手く弾けても、早く計算が出来ても、その技術をどう実社会への活かしていくかがわからないと駄目なんですよね。英語を駆使して何が出来るか、どうコミュニケーションをとっていくか。つまり知識や技術の活かし方です。

上手くいかない時の対応の仕方や、失敗しない物事の運び方、生き方の知恵は、親から学ぶべき事だったなと再認識させられました。

親はいつ居なくなるかわからない。親が居なくても自力で生きていける為の術を伝えなくちゃ。

基本に立ち返り、子どもに生きる為の力をつけさせる。その為の技術と問題解決能力、前向きな考え方を伝えるべきだと考えています。

そこで使えるのが家事なんですよね。

知識を知恵に活かすには、家事が持ってこいの方法という事に気が付きました。

家事って、生きていく為に欠かせないもので、知識や技術の集大成ですから。

親って凄い!あれもこれも分かる!と尊敬心にも繋がってくる大事な要素だなと感じました。

スポンサードサーチ

母親との楽しい時間=「家事が楽しい」に洗脳する(笑)

子ども達を家事に巻き込む方法はまず、「母親が何やら楽しそうだぞ」と思わせる事。これってとても重要な事。

子どもってこれをしなさい!と命令されると途端にやりたくなくなるもの。

なので、子どもが自然に「やりたい!」と思わせるような仕掛けを、罠を作っておき仕掛けておき、子どもに自己決定してもらう。こっちからは言わない。それやりたい!と言わせる。

この方法は男性をオトす時と一緒です(笑)

普段の忙しい生活をしていると、親は基本忙しいし時間がない。よって、子どもは母親と一緒に過ごせる時間を特別なものというか、一緒に遊びたいんだろうな~という事がわかってきました。

「家事をするから忙しいから一緒に遊べない」「家事が終わってから遊ぼうね」ではなく、発想を変えて「ママと一緒に〇〇をしよう」とママと一緒に家事を楽しむ方向に仕向けるようにしました。

「家事をする時間」=「母と一緒の楽しい貴重な時間」にする。

先ず、母親と一緒に家事をしたくなる状態を作り出します。我が子は3人、上から長女8歳、長男6歳、次男4歳。

皆興味の矛先が違います。それでも誰か1人が引っかかると、残りの2人も「私もやる~僕も~」となり易い。

例えば料理でいくと、野菜の皮でおままごとが「皮をむきたい」に変わり→混ぜたい→盛り付けたいと徐々に出来る事を増やしていきます。

一人が手伝ってくれたら、「今日は〇〇くんが作ったんだよ~。」と、残り2人に言い聞かせ、「〇〇くんが作ったご飯は美味しいね~。」パパが帰ってきたら「今日は・・・」とパパも巻き込む。

盛り付けたお皿を写真にとって、LINEでいとこや親せきに見せる。そこで褒めてもらう。

その繰り返しで、子どもを一人の戦力に洗脳していく。(笑)

neego
料理をする際に子どもが居ると邪魔だし、時間かかるし、イライラするのよね~

という過去の私が居ましたが、忍耐が必要となりますが、最初の段階で「ママと一緒に家事をする事が楽しい事」となると、いつの間にか「家事を一緒にすること、お手伝いをする事が楽しい事」に代わっていきやすい。

小さい頃にそこに時間をかけると後は楽になります。

そして、料理中にママ~と他の話をされるよりも、料理をさせていた方が集中して静かになるっていう・・(笑)

しばらくするとかなりの戦力になってくれます。

一つ出来るようになった家事に、担当をつけると自主的になるようになります。その際はやってくれた事をかなり大袈裟に褒める。「やってくれたの~?助かる~ありがとう。」

この「ありがとう」って言葉はとても効果的なんですよね。

そうすると人の為に何かをやる事がモチベーションになる。これってとても大事。

小さい事だけど、「手洗い場のタオルを濡れたものを新しいものに替える」のも、濡れているタオルが嫌いな長男にはひっかかるので、新しいタオルを子どもが取り出しやすいように置き場所を変えて、濡れた汚れたタオルはここに片付けると場所を教え、彼だけの特権にしてみたり。

一緒に歯磨きした時にでも、「タオル濡れているから替えてくれる?」から始め、「ママに言われなくても、あなたの判断で替えていいからね」と権限をあげる。

「ありがとう!助かる!」と言っている内に勝手に自分で自主的にやってくれるようになります。

それを見た姉弟が褒められたい、認められたいから、自分から動くようになっていくという好循環です。

そこでコットン100%と繊維の違いや、買い物するならばコレも徐々に伝えていく。

「家族の一員として当たり前に家事をする」という考え方、状態に持っていければこっちのモンです。少し大きくなってきた時に、自分で判断して家事をしてくれるようになるから面白いものです。

こうやって、家事をどんどん渡しながら自分は楽をしつつ、色々伝えられるというやつです。

子どもが片付けするようになる伝え方 

子どもが自主的に片付けをするようになる私流の伝え方①環境の整え方