パリ4月の気温と服装 35歳を過ぎた大人が持つバッグについて思う事

パリ4月の服装 パリの天気と服装

フランス パリ 4月21日の天気と服装

最高気温25℃ 最低気温12℃  曇り時々晴れ

●インナー:黒のコットンタンクトップ

●トップス:薄手のコットンブラウス(BA&SH)

●アウター:レザージャケット(Saint Laurent)

●ボトムス:細身デニム(Saint Laurent)

●足元:白のコンバースのスニーカー(Converse)

フランスの天気で重要なのは、気温よりも快晴か曇りか等の太陽の有無。

同じ気温でも太陽が燦燦と降り注いでいる日は最高気温通り。しかし太陽が雲に隠れた瞬間一気に寒くなります。この日も曇り時々晴れとあって午前中の曇り時は12℃のまま。

なので足元は春らしさを取り入れて白いスニーカーを、でもまだ午前中は寒いので足首が隠れるハイカットのスニーカーをチョイスしてみました。

写真は午前11時。まだまだ14,15℃ぐらいですね。これから暖かくなると見込んでレザージャケットを脱いだら大間違いでした。午後14時ごろで太陽が安定するまでは寒いですね。

35歳を過ぎた大人が持つ鞄について

基本的にバッグは斜め掛けの小ぶりなものを使っています。子どもの相手をしないといけないので、片手でもふさがると不便なので、両手があき、手がつなげるように大体斜め掛けにしています。

この鞄はFLURAというイタリアのメーカーのもの。微妙な「くすみグレー」が好みです。あと、この肩紐のチェーンがギラギラし過ぎずにシルバーで上品に見える気がします。

バッグについて最近思うこと、今までの人生ではブランドのバッグなどに興味も無ければ持つ機会もなく、ナイロンのリュックや、ファストブランドで購入出来るような「旬のもの、お値段がお気軽なもの」を持っていましたが、30代後半になると、その値段の安さが年齢と釣り合わずに、何だかとっても安く見えてしまう。そしてその品質の悪いバッグのせいで全体が安く見える!!

neego
洋服はH&Mやユニクロでも、バッグの品質が良いとそれだけでアップグレードして見える!

Tシャツとデニムでも、足元もスニーカーでも、革の鞄を持つだけで、なんだか35歳でも、35歳なりに見える。(まあ、今のneego(ニーゴ)は38歳ですが・・・)

沢山の流行の鞄をもつよりも、一つだけお気に入りのクオリティの良いバッグを持つ方が好きになってきました。

お気に入りのものを大事に一生使っていくような意識で買い物をするようになってきました。この鞄もお手入れをしながら大事に使っているので、購入から4年が経過しましたが全く劣化を感じさせず、逆に革が良い感じに馴染んできました。このブランドのものは細かい所の始末がしっかりしているように感じます。

あと、自分にとって大事なもの(鞄に限らず)を購入すると、その後の扱いが劇的に変わってくるのですよね。ちゃんとお手入れしようと思うし、疲れて帰ってきても鞄を粗末に扱わないようなりました。

それまでは「リビングのソファに置きっぱなし」とか「椅子に掛けっぱなし」だったのが、子ども達に汚されないようにと、帰宅後すぐに鞄を子どもの手の届かない鞄置きに片付ける習慣まで付きました。