パリ5月の気温と服装 フランスで黒スキニーデニムを探す

パリ5月の実際の服装 パリの天気と服装

フランス パリ 5月14日の天気と服装

最高気温18℃ 最低気温7℃  曇り時々晴れ

●インナー:ヒートテック(UNIQLO)+コットン白Tシャツ(無印)

●トップス:グレーセーター(H&M)

●アウター:薄手のダウン(UNIQLO)

●ボトムス:黒スキニーデニム(Saint Laurent)

●足元:黒いスニーカー(NIKE)

この日の服装は近所の公園仕様。というわけで、THE.汚れても良い服。足元は汚れが目立たない黒いナイキスニーカー。お昼ご飯を作りながらビールを一杯飲んでしまったので、お出掛けもなんだか機嫌が良い♪

この日は11時の時点で晴天なので、16℃に太陽の暖かさがポカポカと感じられる気温です。日陰だと少し肌寒いのでセーターをチョイスしました。

朝8時15分頃、子どもを学校に送りにいくのですが、その時間ではまだ13℃、14℃ぐらいなので、この上からUNIQLOのウルトラライトダウンを羽織り出掛けて丁度良いぐらいでした。

やはり、洋服選びは晴天か、曇りかでだいぶ変わってきますよね。5月はまだまだ寒いので、薄手のダウンがあると本当に助かります。

私の黒のスキニーデニムのこだわり

黒スキニーは私なりのこだわりがありまして、ZARAにもH&Mにもユニクロにも、どこのデニムブランドも、黒のスキニーはフランスファッションの定番でどこにでも売っていますが、30代中盤から、やはり体のラインが変わってくるので、今の気分に丁度良い黒スキニーを探すのに2年ほどかかりました(笑)

私は当初、acneのskin5という黒スキニーデニムをずっと狙っていたのですが、250€とお高い。それで2.3年迷っていましたが、奮起出来ず。このサンローランのデニムもかなり気に入っています。

Saint Laurentの黒スキニーデニムの特徴

  1. デニムの生地がしっかり厚手なのにほどよいストレッチがきいている。
  2. 生地が強くて黒色があまり色あせない
  3. ウエストの位置がミドル〜ハイウエスト

まず、1のデニムの生地とストレッチ素材について

→ある程度の歳を重ねると、スキニーのストレッチが効きすぎているとムチムチ感が丸わかりになり、生地が薄いと体のラインがクッキリ見えますよね。

ZARAやH&Mによくあるストレッチが非常にきいたデニムもどきは、若くてスタイルの良い子が着ると格好良いのですが、私のような152㎝の38歳が履くにはもはや適さないですね。年齢があがると少し嫌味に見えてしまう気がします。

2の色褪せない素材について

黒スキニーを履き続けると避けては通れないのが、デニムの色落ち。普通のデニムを育てていくには楽しい色落ちも、黒スキニーには必要が無い。

ユニクロには丁度バランスの良い素材が私個人的には無い気がします。ストレッチもあり、色落ちしない綺麗目のものもありますが、素材が柔らかくヌボっと見えてしまう。

日本での綺麗目なコササバファッションには合いますが、フランス風のスタイル、スニーカーやペタンコ靴には柔らかくてカジュアル過ぎる気が。

3.ウエスト位置がミドル〜ハイウエスト

これが本当に大事なポイントで、若い時はウエストも細いし、腰で履くようなmousyのデニムなどが好みでしたが、出産後は腰回りがね…。

お尻をすっぽり包んでくれるミドル〜ハイウエストは本当に有難い。

しゃがんだ時にお尻側の下着が見えてしまうのは迷惑になるし。

世の中にハイウエストの黒スキニーは沢山あるけれど、厚めの固めの丁度良いデニムが少ない。

という事で、他人から見たらどうでも良い、こだわりをまとめてみました。

このサンローランのデニムは厳密に言うと、旦那からのプレゼント。acneジーンズを買おうと、こっそり心の準備を整えていたのですが、まさかの贈り物に何も言えず。もう1本本命の黒デニムが欲しいとは言えず…笑

しかし、ファッション業界で働く旦那曰く、値段とクオリティが合っているデニムだそう。

履いてみると、やはり良い感じ。冬にはヘビーローテーションで着用しています。今は2年目に突入しましたが、生地もまだまだ傷んでいなくてハリがあって良い状態です。