パリ6月の気温と服装 衝動買いしてミスした洋服に思う事

フランス観光の服装

【フランス6月17日】

最高気温27℃ 最低気温15℃ 曇り時々晴れ

やっとこさ春らしく、温かくなってきたフランスです。

普段は滅多にやらない、試着せずの衝動買い。そして結果はやはり駄目でした。

使い回し易いと思っての購入でしたが、やはり自分に似合っていないと急に出番が少なくなるし、好きなものを身に着けている時の方が圧倒的に心地が良い。

温かくなってきたフランスでの地味目な日常のコーディネートと、衝動買いでミスをした事の具体的な負のスパイラルを、失敗談と共にお伝えします。

在住者の本日のコーディネート

  • インナー:黒のコットンタンクトップ
  • トップス:サマーニット (ユニクロ)
  • ボトムス:ブルーデニム (Saint Laurant)
  • スニーカー:白いスニーカー (Vans)
  • バッグ :(バレンシアガ)

最高気温が27℃とありますが、曇りなので午前中はまだまだ肌寒く、長袖の羽織るものがあった方がベストでした。

午後からは太陽が見え隠れし、この半袖のサマーニットで心地よく過ごせました。例年だと6月でも長袖が主流だったので、今年は暖かいんですね。

スポンサードサーチ

試着せずに衝動買いは危険という事を再認識

本日のコーディネートは非常にシンプル。実はこのユニクロのサマーニットは10€ぐらいで、安くなっていたからと、試着無しでセールで買っちゃいました。

試着無しでの衝動買いは滅多にしないのですが、安いし、着回し易い白なので、使えるかもなんて思って即買い。

しかし、やはり着てみるとやはり間違った・・・。ニットの色が私の肌に合わない。肌がくすんで見える。そして首回りのカットも、首の短い私にはなんだかしっくりこない。好みでない。やってもうた。

まず、私は肌の色がブルーベース。このニットは少し生成りがかっているので、この微妙な「黄み」が肌がくすんで見える原因。イエローベースの肌にはきっと映えるカラーだと思います。

そして、首回りのカット。後ろ側も微妙にVネックになっているのですが、首が細い人に向いているのかな。いつも以上に首の短さが目立つ結果となりました。もっと深いVネックの方が私の首回りには似合う気がしています。

たった10€の小さいミスかもしれない。だけど、その結果を私はとても大きな事に捉えています。

  1. 10€無駄遣いをした。
  2. 自分に似合わない洋服を家のクローゼットに置く残念感。
  3. クローゼットがこの服のせいで少し容量が増えて使い難くなった。
  4. 自分に似合わないものを買ってしまったという判断ミスが悔しい。
  5. 今まで何度もミスしてきて、試着はするべき!と決めたのにも関わらず、試着せずに購入したという、ミスから学んでいない、決めた事を行動出来ない弱さを再確認。
  6. お気に入りの服だけを視界に入れて満足したいのに、毎回この服を見る度に「やっちゃったな~」と思い出してしまう自分
  7. そしてそれを処分出来ない自分

ミスしても直ぐには処分出来ないこの性格。なので、いかにこの洋服を気持ちよく着こなすかと、考え方をプラスの方へと改めています。先ずは色々小物で楽しんでみて納得出来るまでやってみよう。と気持ちを切り替えています。

小物やアクセサリーが主役になるようにしても楽しそうですね。

同じミスはしないように、丁寧に生きなきゃな~と感じた日となりました。

自分の肌の色に合わない。自分の体形に合わない。少しの違いだけど、そこをちゃんと明確にした方が気持ちが良いですね。反省・・・。

こういう小さい事をちゃんと積み重ねると、一つの買い物がもっと楽しくなり、不必要なものを「買わなくても良い暮らし」に近づける気がします。