パリ12月の気温と服装 12月のパリ観光の必需品とは

パリ12月の気温と服装 フランス観光の服装

【フランス12月5日】

最高気温1℃ 最低気温-3℃ 曇り

12月に入った途端、一気に寒くなってきたパリ。12月のクリスマスシーズンはパリへの観光が多い季節ですよね。私の親族や友人達も12月後半によくフランスに遊びに来ていました。外歩きが多い日の、寒がりアラフォーの12月の服装のリアルコーディネートと、12月の観光の必需品をお届けします。

在住者の本日のコーディネート

  • インナー:ヒートテック (ユニクロ)
  • セーター1:薄手のカシミアセーター (ユニクロ)
  • セーター2:ウールセーター (BA&SH)
  • ボトムスインナー:ヒートテックレギンス (ユニクロ)
  • ボトムス:青いスキニージンズ (Saint Laurent)
  • アウター:黒のダウンコート

この日は激寒だったので、セーターを2枚重ね着しています。ユニクロのセーターは薄手で暖かいものが多いので、薄手のカシミアセーターを中に来て、その上からメインのウールセーターを着ました。もちろん腰にはカイロも付けています。

そして、この寒さだとボトムスにもインナーが必要です。私は愛用しているユニクロのヒートテックを着用し、スキニージーンズを履いています。しかも靴下2枚履きです。

スポンサードサーチ

12月パリ観光での必需品

12月の必需品はずばり

  1. 貼るタイプのカイロ
  2. トップス・ボトムス共にインナー
  3. ブーツ
  4. マフラーと手袋、ニット帽

1、貼るタイプのカイロについて

これはね、女子の必需品ですよね。お腹周り、腰周りは温かい方が良いに決まっている。私は基本腰~お尻上部の辺りにカイロを貼っています。しかも好みは、熱すぎない温楽というカイロ。オカモト 温楽

このカイロ、熱すぎなく、背中やお腹に貼るには丁度良い温かさ。平均温度が53℃、最高温度は63℃までしか上がらないので、お腹や背中には丁度良い温かさなんです。以前、カイロで低温やけどを経験した事がありまして、カイロには慎重になっております。

低温やけどした際は、他の有名メーカーのものを使用していたのですが、外出の途中で熱くなりすぎて、腰部分のインナーに貼っていたので気軽に取る事が出来ず、気づいた時には低温やけどに。

なので、熱くなりすぎるというアクシデントが無い、この商品に私は絶大な信頼を寄せています。

平均温度が53℃ってぬるい?と思いそうですが、お腹や腰には丁度良いポカポカほんのりの暖かさ。今は大ファンです。

ただ、最高温度でも63℃なので、アウターのポケットに入れて使うという使用方法だと物足りなさを感じます「ぬるいっ!」って感じです。私はお腹・腰回りでの使用をお薦めします

2、レギンスのインナーについて

私、個人的意見なんですが、女性は下半身が冷えると駄目ですね。なので、10月~4月頃までよくインナーを着用します。

ヒートテックのレギンスは使いやすいですね。まず、ウエストがきつすぎない。でも、ずり落ちて来ない。そして薄い。

足首をまくって長さを調整できる。

たまに他のメーカーのものだとずり落ちてくるものがあるんですよね。

アラフォーの女性がずり落ちてくるインナーを上げるしぐさは見せちゃ駄目ですね。

そして、足首をまくって長さが調節できるのは、やはりパンツとブーツの間の使い方を自由にしてくれます。

寒い時は思い切り靴下でカバーするし、まだ気温が大丈夫な時はアキレス上までレギンスをまくりあげ、パンツと靴の間の抜け感スペースを作れます。

素材感が薄いのに、透けない。透けないというのは大きなポイントで、旅先にレギンスを持っていく場合、最悪寝間着にも活用出来ます。透けないのでトップスが長めのものを着たら寝間着や部屋着でもいける。

乾きも早いので、旅先での洗濯も助かるし、かさばらない。もう、良い所しか浮かばない。笑

3、スニーカーよりもブーツがベスト

12月のクリスマスマーケットに、どうしても白いスニーカーを履いて行きたい日があり、試したのですが、夕方ごろからの急激な冷え込みで、寒さで足の感覚が無くなりました。もう、本当に寒い→痛い→感覚が無いという順序でそれはやってきます。歩くのが大変になりました。

やはり、12月~2月頃まではブーツで足を守るべきですね。雨も多いし、靴が濡れたら一日中ずっと寒いし、朝夕夜は気温よりも体感気温が2℃~3℃低いので、寒さで観光を断念しない為にも、私はブーツをお薦めします。

地面に氷が張っていたり、雪の降る時もあるので、ブーツも滑りにくいタイプのソール、ゴムなどがベストです。

因みに、今年2019年は11月に初雪が降り始めました。

4、マフラーと手袋、ニット帽は絶対!!

日本にいた時の帽子なんてオシャレの為のものだと思っていましたが(笑)、防寒用にマフラー、手袋、ニット帽は必需品です。クリスマスマーケットや年末年始の時期は夜に野外で長時間居る事が多いので、是非お気に入りを持参をお薦めします。

 

というわけで、パリ観光の場合は「朝、夕まで外を歩き回る」事をイメージしながら服装選びをすると良いかもしれませんね♪

パリのおススメの場所の記事→パリのおススメの穴場

パリ観光で注意したい事の記事→パリ観光の準備と注意について